OS更新の必要性

OS updateWindowsにおいてのセキュリティ上の問題として、最も懸念すべき点はサポート終了時であろう。終了を迎えてもパソコンのOSとしての利用は可能であるが、利用許諾契約にも記載されているように、終了後どのような不具合が見つかっても修正されない、一切のセキュリティ対策は行わないといった鉄則がある。個人レベルでは、ファイアウォールを導入したり、ウィルス対策ソフトで防御したりといった方法が一般的であるが、セキュリティーソフトの構造上、万能とは言えない。パターンの作成を待つしかないといった状況で、たとえ最新OSであっても完璧に防御できるわけではなく、常々余談を許さない。やはり、確実に安全性を追求したいのであれば、OSのアップデートを繰り返し、穴を開けさせないためのセキュリティ強化を怠らないことが大切である。