OSの歴史

M-DOSここでは、OSシステムの歴史について触れるものとする。革新的なマイクロプロセッサの開発・普及に伴い、企業や個人が造作なく使用できる共通規格化された低価格のコンピュータが広く出回るようになった。同時に、それらを制御する標準のOSシステムの必要性が増大した。マイクロソフトの初期OSであるM-DOSもまた、PDP-11のOSを模倣、その後マイクロプロセッサ向けに改良した。表示装置やプロセッサにかかるコストがダウンしたことで、多くのOSがGUIを実用的なコストで提供できるよう改良され、その絵画的とも言えるユーザーインターフェイスはたくさんの人々を歓喜させた。最近では、かつてOSが仮想化ソフトウェアへと移行しつつあり、ハードウェアリソースの管理からスケジューリング機能まで、管理者向けのインターフェイスを提供している。